メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県高野連

新会長に渡部氏 /秋田

 県高校野球連盟は22日、今年度初めての評議員・理事会を秋田市で開き、新たな役員を決めた。小野巧会長(前秋田中央校長)の後任は秋田中央の渡部克宏校長を選出した。副会長は能代の菊池一二三校長、金足農の鈴木誠孝校長、大曲工の有坂俊吉校長の3人。理事長には秋田中央の工藤雅文教諭を選んだ。軟式部会長は秋田の安田浩幸校長、副部会長は本荘の佐藤一吉校長。

 新会長の渡部氏は「(高校球児たちが)日常頑張っている成果を十分に発揮でき、野球を通じて人間的に成長していける環境づくりに努めたい」と抱負を述べた。【大槻英二】

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです