メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

神宮借用80日に短縮 野球4団体は大筋了承

かつての国立競技場(一番上、現在は解体)の跡に新国立競技場が建設され、間近にある(上から2番目から順に)神宮第2球場、神宮球場、秩父宮ラグビー場は大会の関連施設として使用される=2010年11月、本社ヘリから岩下幸一郎撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、大会の準備、運営に向けた神宮球場(東京都新宿区)の借用に関する会合で、管理者の明治神宮外苑と、同球場を拠点にする野球4団体に対し、借用期間を20年7月1日から9月20日ごろの約80日とし、来賓の応対の場として使用する案を提示した。

 提示を受けたプロ野球ヤクルトと東京六大学、東都大学、東京都高校の各野球連盟の4団体は、7カ月間の借用を見込んだ当初案より大幅に短縮されたことから大筋で了承した。【藤野智成、中村有花、長田舞子、神保忠弘】

 ヤクルトの衣笠剛球団社長は「こちらのお願いは最大限に聞いていただいた」と謝意を示し、内藤雅之・日本学生野球協会事務局長は「野球の歴史などを考えずにやったということは申し訳なかったと組織委からおわびがあった」と明かした。その上で4団体は、さらに前後1週間程度の短縮を要望した。

この記事は有料記事です。

残り1654文字(全文2037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 高相容疑者、覚醒剤使用の疑いで逮捕 酒井法子さんの元夫 警視庁

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです