メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
高校野球

春季府大会2次戦 京都翔英、初V /京都

【京都翔英−塔南】二回表京都翔英2死二塁、阿部が遊撃へ適時内野安打を放つ=京都市右京区のわかさスタジアム京都で、礒野健一撮影

 春季府高校野球大会(府高野連主催)2次戦の決勝が15日、京都市右京区のわかさスタジアム京都であった。京都翔英、塔南ともに初めての決勝進出となった一戦は、三回に勝ち越した京都翔英が、堅い守りで終盤の塔南の反撃をかわし、4−2と接戦を制して、初優勝を果たした。

 京都翔英は28日から和歌山市の和歌山県営紀三井寺球場で開催される近畿地区大会に出場する。【礒野健一】

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文465文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. アディオス「神の子」 フェルナンドトーレスが引退試合 イニエスタらと競り合う

  5. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです