メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

春季東北地区県大会 ベスト8出そろう /秋田

 第64回春季東北地区高校野球県大会は27日、秋田市のこまちスタジアムとさきがけ八橋球場で2回戦6試合があった。秋田中央、大館国際、明桜、能代松陽、大館鳳鳴、大曲工の6校が新たに8強入りを果たした。28日は3回戦4試合がある。

 8強は、この6校に能代と横手を加えた8校。いずれも夏の甲子園切符を懸けた全国高校野球選手権秋田大会のシード権を獲得した。【森口沙織】

 ▽2回戦

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです