メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

春季東北地区県大会 連続完封、明桜4強 /秋田

 第64回春季東北地区高校野球県大会は28日、秋田市のさきがけ八橋球場、こまちスタジアムで準々決勝4試合があり、秋田中央、能代、明桜、大曲工が4強に名乗りを上げた。

 秋田中央と能代はいずれも打線がつながり、大量得点で快勝。明桜は先発・阪田が2試合連続となる完封勝利を収めた。昨春のセンバツに出場した大曲工は接戦を制した。

 29日はこまちスタジアムで準決勝が行われる。【山本康介】

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  5. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです