メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

福岡大会 紫筑・渡辺投手ノーヒッター 王者九国大付は順当勝ち /福岡

【光陵−古賀竟成館】四回表光陵1死一、三塁のピンチでマウンドに集まる古賀竟成館の選手

 第98回全国高校野球選手権福岡大会は10日、北九州市民球場や久留米市野球場などで1、2回戦計23試合があった。北部大会は昨年の優勝校の九州国際大付の他、小倉、常磐のシード校が順調に勝ち上がった。また、若松−嘉穂は降雨でノーゲームとなり、11日に延期された。南部大会では筑紫の渡辺雄大投手(2年)がノーヒット・ノーランを達成し、大牟田北を2−0で破った。シード校では九産大九州が伝習館に12−2でコールド勝ちしたが、沖学園は筑前に5−6でサヨナラ負けし、初戦で姿を消した。【林壮一郎、木村敦彦】

この記事は有料記事です。

残り1863文字(全文2110文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです