メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

熊本大会 開幕 熊本西と済々黌、2回戦へ /熊本

選手宣誓する第二の倉岡主将

 第98回全国高校野球選手権熊本大会は10日開幕し、熊本市中央区の藤崎台県営野球場で開会式があった。入場行進では、九州各県の主将が熊本地震を受けて寄せ書きした大会旗と「がんばろう!!九州!!」の青い横断幕を先頭に、63チームが元気よく入場行進を行った。開会の前には地震の犠牲者に黙とうをささげた。

 県高野連の川上修治会長は「球児のプレーは見る人に感動や勇気、元気を与えます。それは一生懸命さ、ひたむきさ、諦めない姿勢にある。熊本の元気と勇気を届け、復興の証しを見せましょう」とあいさつ。日本高野連の八田英二会長は「藤崎台の外野席に根を張るクスノキのような、力強くたくましい、さわやかな戦いに期待している」と話した。【出口絢】

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1079文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです