メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

女子選手ノッカーの大役 「最後の夏」に挑む

ノックの練習をする伊東さん=大東市の緑風冠高校で2016年7月8日午後4時40分、大森治幸撮影

 第98回全国高校野球選手権大阪大会には、「最後の夏」に挑む女子選手たちがいる。日本高野連の規定により、試合には出られない。それでも、練習のノック役を任されたり、ユニホームを着て声援を送ったり、それぞれのかたちで部活動の集大成に臨む。【大森治幸】

 野球帽から、ゴムバンドでまとめた長い髪がのぞく。緑風冠(大東市)の伊東盟子さん(3年)は、野球部員36人中唯一の女子選手だ。中学でソフトボールに打ち込んだが、進学先には部がなかった。クラス副担任だった新山佳太監督(25)の誘いもあり、野球部に入った。

 当初はソフトボールとの違いに苦労した。守備練習では、速い打球をうまく取れない。「ボールが足に当たって毎日一つは青あざを作っていた」という。走り込みでも、男子より遅れてしまう。それでも「女子だからできなくて当然」と思われるのが嫌で、ひたすら食らいついた。今では「野球の技術は申し分ない」と、新山監督も太鼓判を押す。だが、公式戦には出場できない。その代わり、試合前練習のノック役を任された。今までの2年…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです