メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第98回全国高校野球

新潟大会 決勝 新潟明訓VS中越 きょう対戦 /新潟

【中越−加茂暁星】四回表中越無死一、二塁、串田の中前適時打で1対1の同点とする=新潟市中央区のハードオフエコスタジアムで

 第98回全国高校野球選手権新潟大会(県高野連など主催)は23日、新潟市中央区のハードオフエコスタジアムで準決勝2試合が行われ、新潟明訓が巻を6−4、中越が加茂暁星を6−3で降した。決勝は、春の県大会覇者で4年ぶり8度目の夏の甲子園を目指す新潟明訓と、2年連続10度目の夏の甲子園を狙う中越という、名門校同士の顔合わせとなった。【後藤結有】

 3年ぶりの夏4強入りを果たした唯一の公立校、巻は五回、関田悠満選手(3年)の3点本塁打などで一時リードしたが、地力に勝る新潟明訓の追い上げに屈した。清水一弥監督(50)は「あの子たちは私の誇り。勝たせてあげたかった」とあふれる涙をぬぐった。

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  4. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです