メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
第98回全国高校野球

京都大会 準決勝 翔英、立命館宇治に完勝 塔南、成美に及ばず涙 /京都

【京都翔英−立命館宇治】四回表京都翔英1死二、三塁、石原が左前へ2点適時打を放つ=京都市右京区のわかさスタジアム京都で、礒野健一撮影

 第98回全国高校野球選手権京都大会(府高野連など主催)は24日、わかさスタジアム京都(京都市右京区)で準決勝2試合があり、今春のセンバツ4強の龍谷大平安を破った福知山成美が、塔南を4−0で降した。春季府大会優勝の京都翔英は、序盤から得点を重ね、立命館宇治に9−2で七回コールド勝ちした。

 決勝は同球場で25日午後1時から。福知山成美は3年ぶり5回目、京都翔英は初の夏の甲子園出場をかけて対戦する。【礒野健一】

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1069文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです