メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

熊本大会 秀岳館15年ぶり頂点 監督・主将の話 /熊本

優勝を決めた秀岳館の中井投手と九鬼捕手(左)

投打かみ合った 鍛治舎巧・秀岳館監督

 県大会5試合で一番、投打がかみ合った。先発の田浦投手は一番調子が良く、持ち味を出した。今年は(熊本地震で)特別。ありがとうの気持ちを一投一打に込めて、県民に優勝を届けたい。

スタートラインに 九鬼隆平・秀岳館主将

 乱打戦と思っていたが、打ち勝てた。挑戦者の気持ちで戦って来て、まずはスタートラインに立…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 売れると「認められた」7割 メルカリ、利用者意識調査

  2. 聖火が走ったまち1964-2020 奈良・興福寺 ビール瓶掲げ練習

  3. 五輪マラソン札幌移転でIOC会長が懸念を否定「日本の方々は心配や落胆をしなくていい」

  4. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  5. 昔話のように語り継がれる一日に 古里の農道で「花嫁行列」 三重・伊賀

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです