メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

甲子園 組み合わせ決まる 大分、初戦は岐阜・中京 大会2日第2試合 /大分

健闘を誓い握手する中京の平秀匡主将(左)と大分の木田陸人主将=大阪市北区のフェスティバルホールで、川平愛撮影

 夏の甲子園の組み合わせ抽選会が4日、大阪市北区のフェスティバルホールであり、大分代表の大分は、大会第2日第2試合の1回戦で、岐阜代表の中京と対戦することが決まった。選手たちは「ミスなく力を発揮し、勝って校歌を歌いたい」と、大分勢では5年ぶりの勝利に向けて意気込んだ。

 抽選会は午後4時から始まり、地方大会を勝ち抜いた47都道府県の計49校の選手、監督らが出席した。チームメートが客席で見…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです