メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第98回全国高校野球

智弁想定、練習に熱 出雲、あす午後1時から初戦 /島根

打撃練習する出雲の選手たち=兵庫県伊丹市で、郡悠介撮影

 奈良代表の智弁学園との対戦が決まった出雲は5日、兵庫県伊丹市内の野球場で午前10時から約3時間の練習をした。吾郷寛太主将(3年)はチームの状態について「対戦相手が決まり、より引き締まった。打撃の調子も良い感じ」とリラックスした表情で語った。

 冒頭の約30分間、キャッチボールやシートノックで選手は体を温め、残りは打撃練習に力を入れた。変化球を得意とする智弁学園のエース・村上頌樹(しょうき)投手(同)を想定し、持ち玉のスライダーやチェンジアップなどの球種を入念に確認。原暁投手(同)ら投手陣は投球練習も行った。

 原投手は「相手打線は長打もあるが、コンパクトに賢く振ってくる印象がある。自分の実力がどこまで通用す…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです