メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

ベンチの冷房強化で暑さ対策

昨年の全国高校野球選手権大会で守備中に足がつり、背負われベンチに向かう中京大中京の左翼手・河田=阪神甲子園球場で2015年8月6日、猪飼健史撮影

 近年、猛暑が続いており、昨夏の甲子園では投手だけでなく、野手も熱中症で交代するケースがあった。今年も猛暑が予想される中、主催者やチームは、さまざまな対策を講じている。【安田光高】

 甲子園球場のベンチには、2列目のいすの後方に冷房設備が常設されていて、大会中は常に冷風が出ている。さらに2014年夏からは臨時の「スポットクーラー」を設置し、冷房を強化。日よけを出して日差しを遮り、ベンチ内で冷気がより循環するようにしている。

 日本高野連では毎試合、熱中症を含めた選手の健康全般に対応するため、12人ほどの理学療法士を待機させ…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文702文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会
  3. ボール蹴り非常口灯壊す動画をインスタ投稿 少年4人を事情聴取 兵庫県警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです