メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

甲子園 大分、あす初戦 スタンドの戦いも開幕 応援団長・石井大介さん(3年) /大分

開会式のリハーサルをスタンドから見つめる石井応援団長

 甲子園球場のスタンドから大分の選手たちを励ます応援団長は、野球部投手リーダーの石井大介さん(3年)。ベンチ入りメンバーから外れ、応援団長になることを志願した。6日に行われた開会式(7日)のリハーサルで、入場行進の段取りを確認する選手たちをバックネット裏から見守った石井団長は「甲子園が大分のホームだと思えるよう、選手に声を届ける」と誓った。【安部志帆子】

 「僕に『男』をください」。大分大会の開会式があった先月3日、選手や保護者らが一緒に焼き肉を食べる集まりで、石井さんは申し出た。野球部の応援団長は代々、背番号代わりに「男」という文字が縫われたユニホームを着るしきたりだ。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです