メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第98回全国高校野球

意地見せた、横浜 雷雨中断、勢い乗れず /神奈川

【横浜−履正社】一回表横浜1死二、三塁、村田が中犠飛を放つ=川平愛撮影

 夏の甲子園第8日の14日、横浜は履正社(大阪)に1−5で敗れた。横浜は初回に村田雄大選手(3年)の犠飛で先制したが、二回の履正社の攻撃途中に2度にわたり雷雨のため中断。再開後に相次いで失点し、計5点を奪われた。打線も履正社の先発・寺島成輝投手(3年)の前に抑えられ、勝利には届かなかった。だが、最後まで諦めずに戦った横浜ナインに、応援スタンドからは惜しみない拍手が送られた。【木下翔太郎、林壮一郎、安部志帆子】

この記事は有料記事です。

残り1988文字(全文2194文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです