メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

東邦、スタンドと一体 大逆転を後押し

応援団へのあいさつを終え、笑顔で引き揚げる東邦の選手たち=阪神甲子園球場で2016年8月14日、川平愛撮影

 夏の甲子園大会第8日の14日、東邦(愛知)は第3試合で八戸学院光星(青森)に一時は7点差を付けられながらも、九回裏に驚異的な粘りで5点を挙げ、逆転サヨナラ勝ちした。エースで4番の藤嶋健人主将(3年)が屋台骨を支えてきたチームだが、2回戦のこの日は先発の藤嶋主将が3点を奪われ三回途中で降板する苦しい展開に。4点差で迎えた最終回、ナインを後押ししたのは、盛り上がるスタンドの応援との一体感だった。【梶原遊、山本萌】

 5−9で迎えた九回裏、得点圏にランナーが進むと、一塁側アルプススタンドに陣取る東邦の吹奏楽部が「チャンステーマ」の演奏を始めた。控えの野球部員や保護者、生徒らがタオルを振って声援を送った。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  2. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. C.W.ニコルさん死去 作家・ナチュラリスト 79歳

  5. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです