メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

胸張って「変われた」…明徳義塾

四回表作新学院無死二塁、今井(奥)に左翼線適時二塁打を許し、打球の方向を見る明徳義塾の先発・中野=阪神甲子園球場で2016年8月20日、須賀川理撮影

 〇作新学院(栃木)10−2明徳義塾(高知)●(20日・準決勝)

中野恭聖投手…明徳義塾・3年

 三回、右前打を許すと、右翼手の谷合が捕球に手間取り、二進を許した(記録は安打と失策)。谷合は打撃を買われてベンチ入りした、唯一の1年生。「助けてやらなければ」

 しかし、内野安打で無死一、三塁とピンチを広げる。3試合連続本塁打の…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです