メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
高校軟式野球

甲子園Vの今井投手と切磋琢磨 作新・相田

 夏の全国高校軟式野球大会第4日の28日、作新学院(北関東、栃木)は準決勝で敗退し連覇はならなかった。エースの相田莉斗(りと)投手(3年)は、今夏の甲子園で優勝した同校硬式野球部のエース・今井達也投手とクラスメート。今井投手と切磋琢磨(せっさたくま)して練習に打ち込み、チームを2年連続のベスト4に導いた。

 「どうやったら速い球が投げられるんだ」。初めて一緒のクラスになった今年4月、150キロの直球を投げ…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文713文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです