メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季北信越地区高校野球大会

福井商、小松大谷降す 工大福井は逆転勝ち 坂井初戦敗退 /福井

【上田西−福井工大福井】七回裏福井工大福井2死二、三塁、西村が同点の中前適時打を放つ=長野県上田市の県営上田野球場で、ガン・クリスティーナ撮影

[PR]

 第135回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は15日、長野県内3球場で1回戦8試合があり、8強が出そろった。

 福井商(福井1位)は小松大谷(石川3位)に七回コールド勝ちを収め、福井工大福井(福井3位)は上田西(長野1位)に1点差で競り勝った。坂井(福井2位)は小諸商(長野3位)に惜敗した。

 16日は同球場と長野県諏訪市の諏訪湖スタジアムで、準々決勝4試合が行われる。

小松大谷

  0000000=0

  004302×=9

福井商

 (七回コールド)

 打線の猛攻で福井商が快勝した。三回に太田の二塁打など4安打で4点を奪って勢い付くと、四回にも追加点を奪って突き放した。石本は完封の力投をみせた。小松大谷は得点圏に走者を出すも後続が続かなかった。

上田西

  200000000=2

  00100020×=3

福井工大福井

 上田西は打線がつながらず惜敗。一回2死一、二塁から、林部の中越え三塁打で2点を先取したが、二回以降打線が沈黙した。福井工大福井は1点を追う七回、西村の中前打や敵失で2点を挙げ逆転勝ちした。

小諸商

  000010110=3

  000001000=1

坂井

 小諸商が競り勝った。同点の七回、小林尚の中犠飛で勝ち越し。八回は関が効果的なソロ本塁打を放った。高橋、柳沢の継投も決まった。坂井は八回2死から一、三塁の好機で無得点に終わったのが痛かった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです