メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季中国地区高校野球大会

県勢初戦で姿消す 益田東と出雲西、打線が不発 /島根

【創志学園-益田東】四回表創志学園1死二、三塁、一ゴロで三塁走者金山が本塁を狙うもタッチアウト(捕手・大浦)=山口県宇部市のユーピーアールスタジアムで、真栄平研撮影

[PR]

 秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)は30日、山口県内の2球場で1回戦の残り4試合があり8強が出そろった。

     同県宇部市のユーピーアールスタジアムでは岡山県の創志学園と関西が勝利。同県下関市の下関球場では広島県の市立呉と広島新庄が快勝した。

     31日は同2球場で2回戦4試合があり▽華陵-宇部鴻城▽創志学園-関西▽鳥取城北-米子松蔭▽市立呉-広島新庄--といずれも同じ県の相手と4強を懸けて争う。【土田暁彦、上村里花】

     ▽1回戦

    創志学園(岡山)

      300100010=5

      000000000=0

    益田東(島根)

     (創)難波、秋山-藤原

     (益)前田、中北、松田-大浦

    ▽二塁打 麻生、難波、金山(創)

     創志学園が14安打、零封で快勝した。一回に難波、金山の適時打で3点を先制。四回も金山の適時二塁打で加点し、優位に試合を進めた。先発難波は8回無失点無四死球と好投、守備陣も3併殺を奪いもり立てた。益田東は本塁突入を2度阻止するなど粘り強く守り、打線は七回に連打で好機を作ったが、後が続かなかった。

    関西(岡山)

      101000100=3

      001000000=1

    出雲西(島根)

     (関)物部-中嶋

     (出)中田、伊藤悠、打田、高橋-福島

     関西が逃げ切った。一回に下地の適時打で先制すると、三回に物部の適時打で加点。七回は田中の適時打で点差を広げた。先発物部は被安打4の完投。出雲西は先発中田が11安打を浴びたが、3併殺を奪うなど大量得点を許さなかった。打線は三回に1点を返し、その後も得点圏に走者を進めたが、つながりを欠いた。

    熊毛南(山口)

      0110000=2

      1124001=9

    市立呉(広島)

     (七回コールド)

     (熊)上田、石原、泉-畑

     (呉)池田-柏尾

    ▽三塁打 奥田(呉)

    ▽二塁打 泉(熊)上垣内(呉)

     市立呉打線が14安打の猛攻だった。2点リードで迎えた四回、奥田の三塁打を皮切りに、近藤、西岡の左前適時打や犠飛で4得点を挙げ勝負を決めた。先発池田は味方の援護で調子を上げ、7回を6奪三振。熊毛南は二、三回、木本と畑の適時打で2度同点に追いつく粘りを見せたが、4失策の守備でリズムを乱した。

    徳山商工(山口)

      010000110=3

      02001312×=9

    広島新庄(広島)

     (徳)吉村、高尾-広森

     (広)有村、竹辺、有村-沖政

    ▽三塁打 石井(広)

    ▽二塁打 植本(徳)筒井(広)

     1点を追う広島新庄は二回、有村の適時打で2点を入れ、逆転。2点リードの六回には石井の適時三塁打などで一挙3点を加え、勝負を決めた。徳山商工は、先発吉村が6四死球と制球に苦しみ、継投した高尾も広島新庄の足を使った攻撃に苦しめられた。七、八回には各1点を返したが、計7残塁と好機に1本が出なかった。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

    2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

    3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです