メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季中国地区高校野球大会

宇部鴻城、接戦制す きょう決勝 市立呉と対戦 /島根

[PR]

 来春のセンバツ高校野球の出場校選考の参考資料となる秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)は5日、山口県宇部市のユーピーアールスタジアムで準決勝2試合があった。第1試合は宇部鴻城(山口)が創志学園(岡山)との接戦を制し、第2試合は市立呉(広島)が鳥取城北(鳥取)を破った。

     決勝の宇部鴻城-市立呉は6日午前10時、同スタジアムである。【土田暁彦、杉山雄飛】

     ▽準決勝

    宇部鴻城(山口)

      000003000=3

      100000001=2

    創志学園(岡山)

     1点を追う宇部鴻城は六回、打田の内野安打で同点とすると、立石の左中間を破る二塁打などで計3点を入れた。先発の早稲田は被安打8の中、要所を締めて完投。創志学園は一回、4番・難波の左前適時打で先制。九回も難波の適時二塁打で1点差に迫り、なおも無死二塁だったが、後続が倒れた。

    市立呉(広島)

      002400000=6

      000000021=3

    鳥取城北(鳥取)

     市立呉は三回、1点を先制した後の1死一、三塁で奥田がスクイズを決め2点目。四回は青木、池田、普家の適時打で4点を追加し、試合を優位に進めた。先発池田は七回まで被安打2の完投。鳥取城北は八回2死から連打で一、二塁とし、瀬戸が2点適時打を放ち、九回も1点を返したが、反撃が遅かった。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

    3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

    4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

    5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです