メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回選抜高校野球

21世紀枠県推薦校、羽水高校に表彰状 ボランティア活動で地域貢献 /福井

福井県高野連の福岡慎一会長(左)から表彰状を受け取る県立羽水高校の牧田進一校長ら=福井市羽水1の同校で、竹内望撮影

 来春の第89回選抜高校野球大会の21世紀枠県推薦校に選ばれた県立羽水高校(福井市)に21日、主催者の日本高野連と毎日新聞社から表彰状が贈られた。牧田進一校長は「推薦を励みに精進したい。学校全体の勉学や部活動にも大きな力になればいい」と話した。

     羽水は1963年創立。野球部の甲子園出場歴はないが、今秋の県大会で4強入りするなど近年、安定した成績を残す。また、部員たちは長年、学校周辺でごみ拾いや雪かきなどの早朝ボランティア活動を続け、地域社会への貢献度も高い。

     この日は同校で牧田校長が県高野連の福岡慎二会長から表彰状を受け取った。野球部の笈田(おいだ)明彦部長と同席した八力(はちりき)昌輝監督は「子供たちの技術向上に努めるとともに、地域に愛される野球部でありたい」と話した。

     21世紀枠は、12月16日に北信越地区など全国9地区の候補校(計9校)が発表され、来年1月27日の選考委員会で3校が決まる。【竹内望】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト