メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

大分高野球部元マネジャーの首藤さん「ノック補助は私の居場所」 バレエ推薦から転身、陰で支えた甲子園 /大分

甲子園の2枚の入場券を大切にしているという首藤さん

 甲子園球場のアルプス席で声をからしたあの夏から4カ月。私立大分高野球部の元マネジャー、首藤桃奈さん(3年)は中学時代に高校野球に魅せられ、励んできたバレエの道をいったん休んで、甲子園を高校3年間の目標にしてきた。2014年夏と今夏の2度、夢の舞台をナインとともに経験し、残り少なくなった高校生活を送る首藤さんに聞いた。【安部志帆子】

 バレエのスポーツ推薦で中高一貫の大分中学に通っていた首藤さんに、転機が訪れたのは中3の7月。夏の大分大会で準決勝に進出した大分高の全校応援に駆り出され、大分市の別大興産スタジアムで観戦した。

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文983文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 旧基準ならもう赤信号…危険水域分かりにくい「大阪モデル」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです