メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回選抜高校野球

でっかく 大阪桐蔭、1000人文字で託す /大阪

大阪桐蔭の生徒らがグラウンドに描いた人文字=大阪府大東市で、本社ヘリから森園道子撮影

 <センバツ2017>

     3月19日に開幕する第89回選抜高校野球大会に3年連続で出場する大阪桐蔭(大東市)で22日、大会出場を記念した人文字撮影と、開会式の入場行進で掲げるセンバツ旗の授与式があった。

     人文字撮影には、中学生と高校1年生の計約1000人が参加し、赤色や青色などの体操服を着て「89回 センバツ 夢」の文字をグラウンドでカラフルに表現した。参加した高校1年の森田真衣さんは「今年のチームは好投手そろいで強打も持ち味。甲子園で声援を送るのがますます待ち遠しい」と笑みを浮かべた。

    旗授与式も

    センバツ旗を受け取る大阪桐蔭の福井章吾主将=大阪府大東市で、大森治幸撮影

     続いて、センバツ旗が福井章吾主将(2年)に託されると、毎日新聞大阪本社の亀井正明・社会部長が「チームメート43人全員が一体となって白球を追う姿を見せ、野球の楽しさを全国に伝えてください」と、丸山昌宏・毎日新聞社長の祝辞を代読した。

     福井主将は「みなさんに優勝旗を見せたい。どうか応援をよろしくお願いします」と元気よく呼び掛けた。

     組み合わせ抽選会は3月10日。履正社のセンバツ旗授与式は3月7日の予定。【大森治幸】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト