メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回選抜高校野球

新谷地区が甲子園一色 帝京第五応援、地元商工会が「のぼり」 /愛媛

新谷地区に立ち並ぶのぼり=愛媛県大洲市新谷で、木島諒子撮影

 <センバツ2017>

     48年ぶりにセンバツに出場する帝京第五。地元から応援しようと、大洲市新谷のまちなかに「祝 甲子園出場 帝京第五高等学校」と書かれたのぼりが立ち、出場を盛り上げている。つくったのは新谷商工会。会長の亀岡玄良(はるよし)さん(59)は「全国制覇を目指してほしいが、まずは1勝を」と、大舞台での選手たちの活躍に期待を寄せる。

     新谷地区は紅葉が有名で、のぼりはオレンジ色にした。文字は「スクールカラー」の紺色で縁取られている。出場が決まった1月27日から同商工会のメンバーらがデザインなどについて話し合い、決めた。

     帝京第五野球部と地域とのつながりは深く、「部員たちが練習で走っている姿をいつも見ている。あいさつもしっかりとするし、道路沿いのゴミ拾いもしてくれている」と亀岡さん。毎年、部員たちは同会主催の行事の手伝いもするという。昨秋の四国地区大会の時期に開かれた「もみじまつり」でも1年生10人ほどが草刈りやゴミ拾いをした。

     そんな野球部は今、新谷地区の話題の中心だ。住民らは会うと「1回戦は勝てるだろう」「5回勝てば優勝できるぞ」などと帝京第五の話題で盛り上がっている。住民らは「甲子園では日ごろの練習の成果を出し、はつらつとしたプレーをみせて」と願っている。【木島諒子】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

    2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

    3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

    5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです