メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回選抜高校野球

新谷地区が甲子園一色 帝京第五応援、地元商工会が「のぼり」 /愛媛

新谷地区に立ち並ぶのぼり=愛媛県大洲市新谷で、木島諒子撮影

 <センバツ2017>

 48年ぶりにセンバツに出場する帝京第五。地元から応援しようと、大洲市新谷のまちなかに「祝 甲子園出場 帝京第五高等学校」と書かれたのぼりが立ち、出場を盛り上げている。つくったのは新谷商工会。会長の亀岡玄良(はるよし)さん(59)は「全国制覇を目指してほしいが、まずは1勝を」と、大舞台での選手たちの活躍に期待を寄せる。

 新谷地区は紅葉が有名で、のぼりはオレンジ色にした。文字は「スクールカラー」の紺色で縁取られている。…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文547文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです