メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回選抜高校野球

工大福井 「目指せ日本一」卒業生がエール /福井

卒業証書を手にする野球部の3年生=福井市学園3で、立野将弘撮影

 <センバツ2017>

     第89回選抜高校野球大会に出場する福井工大福井の卒業式が1日、福井市学園3の金井講堂であった。学び舎(や)を巣立った557人の中には、昨春のセンバツで12年ぶり4回目の出場をした野球部の3年生47人もいた。47人は後輩へのエールとして「自分たちがセンバツでできなかった1勝を」と口をそろえた。

     吉田五衛(かずえ)校長は式辞で「社会に生きた証を残すため、一途(いちず)に努力されるよう願う」と述べた。卒業生から学校に記念品を贈呈する代表には、昨年のエースで奈良学園大に進学する田中嵐士さんが登壇した。

     式後、田中さんは「1勝を確実にとってほしい」。昨年の4番で福井工大に進む北村進太郎さんは「入念に準備して後悔しないよう思い切りプレーして」。前主将で近畿大に進む谷本甲仁(かつひと)さんは「今のチームは北川(智也主将)を中心にまとまっていて強い。日本一になってほしい」と話した。【立野将弘】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト