メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回選抜高校野球

工大福井「目標は日本一」 主将ら知事に意気込み /福井

西川一誠・福井県知事(手前)と歓談する福井工大福井の北川智也主将(左)と大須賀康浩監督(右奥)=福井県庁で、立野将弘撮影

 <センバツ2017>

     19日に開幕する第89回選抜高校野球大会に出場する福井工大福井の北川智也主将(2年)と大須賀康浩監督らは2日、県庁を訪れ、西川一誠知事にチームの状況などを語った。

     西川知事が「去年と比べてチームの状況は」と尋ねると、大須賀監督は「技術はさほど変わらないが、今年はメンタルが強い。その分楽しみだ」と回答。西川知事は「何度も応援に行けるように頑張って下さい」と激励した。

     北川主将は「去年は1回戦で負けて悔しい思いをした。今回は1試合でも多く勝ち上がりたい。目標は日本一」と抱負を述べた。

     県庁訪問に先立ち、福井工大福井の一行は県農業会館(福井市)と福井市役所を訪れた。農業会館では、JA県中央会の田波俊明会長から、茶わん4500杯分の県産コシヒカリ300キロの目録が贈呈された。田波会長は「甲子園では自信を持ってプレーして下さい」とエールを送った。【立野将弘】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト