メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回選抜高校野球

「集大成」開幕心待ち 検見川高3年・鈴木崚汰さん、開会式司会の大役 /千葉

NHK杯の優勝カップを手にする鈴木崚汰さん=千葉市美浜区の県立検見川高で

 <第89回センバツ>

     19日に開幕する第89回選抜高校野球大会(毎日新聞社など主催)の開会式で、県立検見川高校3年の鈴木崚汰さん(18)が司会を務めることが決まった。同校からは初の抜てきで「うれしい。自分が主役にならず、盛り上げる側として選手たちを後押ししたい」と意気込む。県勢の東海大市原望洋には「同じ千葉県の高校生として、本当に応援しています」とエールを送った。【信田真由美】

     鈴木さんは昨年7月にあった第63回NHK杯全国高校放送コンテストの朗読部門で優勝した。中学までは陸上に打ち込んでいたが、検見川高の学校説明会で陸上部に体験入部した際、放送委員会の学校紹介を聞いて「プロみたい。テレビのアナウンスみたいに情報が伝わってくる」と感動。入学後は陸上部と放送委員会を掛け持ちしていたが、1年生の夏に同コンテストの朗読部門で準決勝に進み「放送で頂点を目指したい」と放送一本に絞った。

     毎日約1時間の発声・滑舌の練習は欠かさず、課題文を録音しては部員や教員からの講評をもらい、腹筋を鍛えるトレーニングも行う。帰宅後は入浴中も滑舌練習を行い、寝る前にも課題文に目を通す。指導する石井淳教諭は「元々スポーツをやっていたので体ができていて良い声をしていたが、人一倍努力している」と評価する。

     将来の夢は声優だ。高2の4月からは声優養成学校にも通っている。中2の時、友人に勧められて人気アニメ「けいおん!」を見たのがきっかけでさまざまなアニメに親しむようになった。「声で躍動感や登場人物の心情の揺れ動きを表現しているのがすごい」と声優の仕事を意識するようになったという。

     現在は声優事務所にも所属し、ゲームのキャラクターやアニメの名前の無い役などを担当。「日本を代表する声優になりたい。歌やダンスも勉強してライブ活動も行い、声優の存在を世の中の人に知ってもらいたい」と話す。

     甲子園での司会は高校3年間の集大成となる。「本当に最後の最後。緊張せず最後の大舞台を楽しみたい」と開幕を心待ちにしている。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

    2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

    3. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

    4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

    5. 「事故起こし怖く…」ひき逃げ容疑で28歳会社員逮捕 3カ月乳児死亡 兵庫

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです