メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

二つの春

’17センバツ 第3部 選手の横顔/6(その2止) 熊本工 綾晃平選手(1年) /熊本

綾晃平選手

 <第89回選抜高校野球>

    常に試合想定、練習

     「簡単な打球ほど慎重に」。安田健吾監督からの言葉を自分の戒めとしている。

     昨秋の県大会で、正面にきた打球を処理する際、一塁手の頭上に送球するミスをした。「『簡単だ』『余裕だ』と考えてしまっていたのかもしれない」と悔やみ、守備練習では常に試合を想定する。

     50メートル6・1秒の俊足で、足を使った攻撃も期待されている。九州大会では反応の速い相手バッテリーに盗塁を阻まれたが、甲子園では「投手の癖を盗んでスタートを切れるようにしたい」と話す。

     あだ名は「あやこう」で「歌は下手だけど歌うのは好き」。「穏やかな感じがいい」と、選抜の入場行進曲「恋」を歌う星野源さんの曲もお気に入りだ。

    毎日新聞のアカウント

    8月17日の試合

    話題の記事

    関連サイト