メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作り上げる新たな歴史

’17センバツ 作新学院 選手紹介/9 /栃木

 <第89回選抜高校野球>

    強肩、俊足、好打の万能選手 斎藤陸人外野手(1年)

    斎藤陸人外野手

     紅白戦で本塁打を放った「左のスラッガー」。ヘッドスピードの速さが目を引く鋭いスイングが長打を生む。

     中学時代は主将としてチームを引っ張り、1番打者で遊撃手と攻守に活躍。軟式野球で県内3位、東日本8位に輝いた実績も。現在は強肩に加えて俊足、好打が売り。昨秋は外野手も務めるなど、器用に複数のポジションをこなす万能選手だ。

     野球だけでなく、サッカーやバスケットボールなど他球技にも秀でる姿は、チームから一目置かれている。「幅広さ」が、成長を予感させる。那須塩原市立西那須野中出身。173センチ、70キロ。

    下半身を鍛え直球に磨き 篠原聖弥投手(2年)

    篠原聖弥投手

     昨年11月の明治神宮大会は、自信と信頼を手にするマウンドになった。明徳義塾(高知)戦の五回から救援登板。劣勢だったチームの「雰囲気を変えたかった」と4回を投げ、2失点の好投。低めを丁寧に突き、登板直後の3回は無安打無失点と手応えをつかんだ。

     冬場は下半身を鍛え、直球の「質」が良くなった。現在は変化球で勝負するが、理想は「140キロ投手」。

     そんな右腕の悩みは「すぐにやせちゃうんです」。2月の修学旅行では3泊4日で5キロもやせた。体重も球速も「プラス10キロ」を目指す。鹿沼市立東中出身。181センチ、68キロ。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト