メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未踏の頂へ

静高センバツ’17 組み合わせ決定 初戦、不来方と 両監督・主将の話 /静岡

一戦一勝目指す 静岡・栗林俊輔監督

 相手校は部員が10人ということで、試合では特殊な雰囲気になると思う。選手たちも全国の舞台では肩に力が入りそうだが、一戦一勝を目指す。結果に関わらず、いつも通りの野球ができれば。

    ベスト4目標に 静岡・小柳廉主将

     目標はベスト4。その先は優勝を目指して戦う。対戦校はバッティング練習を多く取り入れていると聞いている。試合ではチームのまとまりを生かし、苦しい時間を乗り切って好機をつかみたい。

    プレー楽しみたい 不来方・小山健人監督

     相手はどこからでも得点できる打撃のチーム。しかし対戦校がどこであれ、自分たちのプレーをしていきたい。やるからには勝ちたいが、最高の舞台でプレーさせてもらえるので楽しみたい。

    10人でも勝ちたい 不来方・小比類巻圭汰主将

     出るからには1勝したい。全国でも部員数の少ない野球部が増えている。10人でも野球ができることを全国の人に見てもらいたい。けがのないように自分たちのプレーをしていきたい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

    2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

    3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

    4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

    5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです