メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未踏の頂へ

静高センバツ’17 「行くぞ!」 甲子園練習 /静岡

グラウンドに駆け出す静岡の選手たち=阪神甲子園球場で、川平愛撮影

 <第89回選抜高校野球>

     19日開幕の第89回選抜高校野球大会に出場する静岡高は16日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で練習に臨んだ。

     午前10時、選手たちは小柳廉主将(3年)の「行くぞ」の掛け声に「よし」と応えグラウンドへ駆け出した。シートノックなどで守備の連係を確かめた後、打撃練習に取り組んだ。主軸選手を中心に快音を響かせ、打球が外野手の頭を越えると見学者から歓声と拍手が上がった。

     練習後、栗林俊輔監督は「緊張した様子はなくよく動けていたが、観客が入ると雰囲気が違うので気を引き締めたい」と話した。藤田誠也二塁手(3年)は「初めて甲子園の土を踏み、気持ちが高ぶる」と笑顔を見せ、「外野が広く感じたので、中継の時の位置取りには気を付けたい」と話した。【森野俊】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト