メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
センバツ・思いを一つに

全力、仙台育英に拍手 監督・主将の話 /宮城

 <第89回選抜高校野球>

    実力不足を感じた 仙台育英・佐々木順一朗監督

     先制点が奪えて序盤は理想的な試合展開。長谷川もよく投げてくれた。好プレーがある中で、流れをつかみきれず実力不足を感じた。夏までには粘り勝てるような力をつけたい。

    レベルアップ必要 仙台育英・西巻賢二主将

     相手は強打のチーム。打ち合いになることは予想していた。チャンスで得点できず長谷川を援護することができなかった。夏の大会までに一人一人がレベルアップする必要を感じた。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

    2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

    3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

    4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

    5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです