メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

県春季大会 石見智翠館が優勝 監督・主将の話 /島根

投手試合作った 末光章朗・石見智翠館監督

 小立がよく投げ、ピンチで登板した亀川も締めてくれた。打線にはもっと粘りがほしい。守備に中途半端なプレーがあり課題は多いが、投手が試合を作れるようになったのは収穫だ。

夏へのスタート 西村龍司・石見智翠館主将

 秋の悔しい結果を受け、厳しい練習をしてきたので優勝で…

この記事は有料記事です。

残り64文字(全文214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです