メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

春季東北地区大会 仙台育英が8強 逆転勝ちで東北も /宮城

仙台育英・渡部夏史捕手

 第64回春季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞仙台支局など後援)は9日、石巻市の石巻市民球場などで2回戦6試合があった。

 県勢は、仙台育英の長谷川拓帆投手(3年)が被安打2の好投を見せ、聖光学院(福島第1代表)に快勝。東北は九里学園(山形第3代表)に逆転勝ちした。

 10日は準々決勝4試合があり、東北は羽黒(山形第2代表)、東陵は八戸学院光星(青森第3代表)、仙台育英は弘前学院聖愛(青森第2代表)とそれぞれ対戦する。【真田祐里】

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1174文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

  3. 新型コロナ「ワクチン優先的に…」 東京、長野で不審電話 特殊詐欺に警戒呼びかけ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです