メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

春夏の甲子園、タイブレーク導入前進 高野連委了承、11月に最終結論

 日本高校野球連盟の技術・振興委員会が13日、大阪市で開かれ、春夏の甲子園大会でのタイブレークについて「導入はやむを得ない」との結論をまとめた。正式決定には、選抜、選手権の両運営委員会と、11月に行われる理事会の承認が必要になる。

     今春の選抜大会では2試合が延長十五回引き分け再試合となった。日本高野連は5月に47都道府県高野連へタイブレークについてアンケートを実施。38連盟がおおむね導入に賛成しており、それを踏まえて議論した。健康管理のためとしては投手の球数制限なども議論されたが、部員数によって格差が出るとし、タイブレークに賛成することとなった。

     竹中雅彦事務局長によると、委員からは「本心は最後までやらせたい」という意見も出たが、「時代の流れで変えるべきじゃないか」などの声が多く、「やるなら来春の選抜から」という結論になった。方式としては、延長十三回から無死一、二塁、前の回からの継続打順でという意見が多かったという。

     夏の地方大会については、継続審議となった。【安田光高】

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト