メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

清宮さん、いらっしゃい 早実、異例の1カ月4県遠征 地方高野連、集客力に期待

 高校野球界注目の強打者、清宮幸太郎を擁する早稲田実(東京)が約1カ月間で4県の招待試合に臨んだ。5月13、14日の熊本を皮切りに沖縄、愛知と続き、6月17、18日の香川で締めくくった。異例ともいえる強行軍には、清宮の人気と実力に期待する地方の高校野球連盟の思惑がうかがえる。

 2010年から毎年、招待試合を開催する香川県高野連は、一昨年夏の甲子園で清宮が活躍した直後に打診した。県高野連の小野裕作理事長は「2年後には3年生。旬の時期だと思った」と説明する。読み通り、清宮は高校通算100本塁打を超える実績を持って登場。例年は2日間で3000人ほどの観衆は、約6500人に倍増し、徹夜組まで現れた。

 早稲田実と対戦したのは今春の香川大会4強の4校。沖縄や愛知、熊本でも招待試合参加は春や秋などの県の…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです