メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

大分大会 チーム紹介/2 得点力光る大分雄城台 /大分

昨年の大会の開会式で入場する大分雄城台の選手

 昨年は初戦敗退だった大分雄城台が、同年8月の県選手権でベスト4入りを果たし、第3シードへ。チャンスに強いクリーンアップの得点力が光る。守備では、内野陣を中心にスロースターターの高山耕輔投手(3年)を序盤からいかにもり立てられるか。

 レギュラー9人中、7人が同じ中学出身の玖珠美山は連係プレーが得意で、守備力は高い。攻撃でも「つなぐ」ことを意識する。対する大分西も、スライダーが武器の瀬山大徴投手(3年)を中心に守りでリズムを作るチームであり、接戦になりそうだ。

 古豪復活を目指す津久見は、守備力が高い選手をそろえた。少ないチャンスをいかにビッグイニングにつなげるかが勝負となる。大分上野丘も守備範囲が広い外野手を中心にした守りのチーム。ムラがあるが、爆発力ある打線がここ一番で集中打を見せられるか。

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1359文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです