メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

山口大会 白球を追って/3 初戦で激突 西京と慶進、宇部商と宇部工 /山口

 初戦で第2シードの西京と昨秋県予選8強の慶進が激突し、実力校同士の宇部商と宇部工も相まみえる。勝ち抜いたチームは勢いに乗りそうだ。

 20年振りの甲子園を目指す西京は、1年の秋から主戦を任される大田が大黒柱。140キロ近い速球に変化球を織り交ぜる。打線は俊足の1番砂川を錨、岡田ら主軸で還したい。

 慶進のエース中田は制球の良さに加え、昨夏から球速が約10キロ上がり、力強さも増した。打線は勝負強い3番永広の前に走者をためたい。

 宇部商は右横手投げの小南が制球良く打ち取り、リズムをつくる。宇部工は春季県大会でセンバツ出場の宇部鴻城を苦しめた。捕手で主将の西が鍵を握る。【真栄平研】

この記事は有料記事です。

残り1406文字(全文1696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃える 馬4頭取り残され、3人病院搬送 滋賀

  3. 愛知で新たに88人感染 名古屋市は50人

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 沖縄知事 国にコロナ水際対策強化要望 航空便搭乗前にPCR検査求める

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです