メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第1部 消すな球音/4 有志の整形外科医サポート 早期発見で故障防げ

昨冬の肘肩検診で野球肘が見つかった栃木県内の高校生は今もリハビリを続けている

 野球を続けたくても肘や肩を痛めてやめざるをえない子どもたちは少なくない。学童期は骨や靱帯(じんたい)、腱(けん)の付着部分が未成熟で故障しやすい。また、肘の外側であると初期の段階ではほとんど痛みが出ず、手術が必要なまでに悪化してから気づく選手もいる。

 そのような状況を少しでも改善しようと2013年、栃木県で有志の整形外科医らが「野球医療サポート栃木」を設立し、15年度にNPO法人化した。毎年、小中高校生球児の肘肩を検診。今年度からは県高野連も協力し、県内全域に検診を拡大。自治医大の飯島裕生医師は「早期発見できれば重症化を防ぐことができる」と検査の重要性を説く。

 栃木県真岡市立中2年の手塚貴喜(たいき)さん(14)は昨年12月の検診で右肘離断性骨軟骨炎、外側の…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1095文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. 南北首脳 思惑一致、極秘の電撃会談
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  5. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]