メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第1部 消すな球音/6(取材後記) 普及へプロとアマのそれぞれの強みを

プロ・アマ野球団体による合同協議会が発足し、握手をするNPBの熊崎勝彦コミッショナー(右)と全日本野球協会の市野紀生会長。プロとアマが連携した普及活動が期待される。=東京都港区で2016年4月26日、内藤絵美撮影

 北海道はプロとアマチュアの連携で一歩先を歩んでいる。

 2000年に社会人や高校、大学など道内で活動しているアマ野球団体が集まって発足させたNPO法人「北海道野球協議会」に、15年から地域密着を目指す日本ハムが加わった。

 プロ選手は高校生へ指導ができないという制約がある中、昨年から実施しているのが試合前の練習見学だ。高校球児は開門前からスタンドでプロの練習を見学し、そのまま試合も観戦した。昨年は計1000人以上が見学。北海道高野連の小嶋仁…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文554文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです