メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

山口大会 宇部接戦制す 山口鴻城はコールド勝ち /山口

【萩-山口】三回表萩1死一、二塁、池田優太選手の左前適時打で二塁の内山貴博選手が滑り込むもタッチアウト

 第99回全国高校野球選手権山口大会(県高野連など主催)は16日、県内4球場で1回戦12試合があった。光、高森、山口鴻城がコールド勝ちし、宇部は接戦を制した。また、岩国工、聖光、美祢青嶺、萩、新南陽、柳井、下関西、下関中央工も2回戦に駒を進めた。18日に1回戦残り8試合があり、第2シードの西京、華陵、厚狭、岩国商の4校が登場する。【坂野日向子、真栄平研、佐藤緑平】

この記事は有料記事です。

残り1765文字(全文1948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 東京オリンピック 無観客含む3案を政府検討 「日本は中止判断」英紙が報道

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです