メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

佐賀大会 鳥栖商と鹿島、接戦制す 8強出そろう /佐賀

【唐津東-鹿島】七回裏鹿島2死一塁、松尾良選手が盗塁を決め、一打勝ち越しの好機をつくる

 第99回全国高校野球選手権佐賀大会は16日、3回戦2試合があり、鳥栖商と鹿島が接戦を制して8強が出そろった。

 好機を確実に生かした鳥栖商がシード校の佐賀商を破った。二回、田中大翔投手の右前適時打で先制し、五回には布江健人選手の右越2点適時打で差を広げた。佐賀商は木村颯太投手が10奪三振の好投を見せたが一歩及ばなかった。

 鹿島は二回、川島泰博選手の適時二塁打で先制。しかし唐津東も粘りを見せ、1点を争うシーソーゲームに。七回、深村晃紀主将の中前適時打で鹿島が勝ち越した。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校生揮毫「私たちの星を守りたい」 平和とコロナ終息願い 岐阜総合学園書道部

  2. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  3. 同性愛が処罰された時代に描かれたゲイアート「トム・オブ・フィンランド」 大使館が発信するまでの歴史

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ファッションマスク200種 500円~10万円まで 東京駅地下街に専門店

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです