メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

作新学院、秀岳館は準々決勝へ

 第99回全国高校野球選手権の地方大会は17日、大阪では今春センバツ優勝の大阪桐蔭、同準優勝の履正社がともにコールド勝ちで3回戦に進んだ。西東京は早稲田実が大勝し、日大三とともに5回戦に進出。今春センバツ8強の東海大福岡は4回戦でサヨナラ負けした。昨夏の甲子園を制した作新学院(栃木)や3季連続甲子園4強の秀岳館(熊本)が準々決勝に駒を進めた。

    完全試合

     岡山大安寺中等の中村源太投手(1年)が1回戦の岡山御津戦で達成。97球を投げ、奪三振10、内野ゴロ12、飛球5。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
    2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    3. ボクシング 比嘉ぼうぜん 記録、信頼…失ったもの多く
    4. 比嘉王座剥奪 具志堅会長「ファンに申し訳ない」
    5. 尼崎脱線 亡き兄に誓った救命の道 ICUの看護師に

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]