メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作新学院、秀岳館は準々決勝へ

 第99回全国高校野球選手権の地方大会は17日、大阪では今春センバツ優勝の大阪桐蔭、同準優勝の履正社がともにコールド勝ちで3回戦に進んだ。西東京は早稲田実が大勝し、日大三とともに5回戦に進出。今春センバツ8強の東海大福岡は4回戦でサヨナラ負けした。昨夏の甲子園を制した作新学院(栃木)や3季連続甲子園4強の秀岳館(熊本)が準々決勝に駒を進めた。

    完全試合

     岡山大安寺中等の中村源太投手(1年)が1回戦の岡山御津戦で達成。97球を投げ、奪三振10、内野ゴロ12、飛球5。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺人未遂 容疑で女子大生逮捕「恋愛感情のもつれで」
    2. 内閣支持率 続落26% 「総裁3選」62%否定
    3. 仙台市長選 郡和子氏が初当選 自公敗北、加計問題影響
    4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    5. 松尾貴史のちょっと違和感 安倍首相の国会答弁 あまりに下品で不誠実で幼稚

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]