メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それぞれの夏舞台

第99回全国高校野球選手権福井大会/2 谷口晋介さん 足羽3年 /福井

四回表に2点目のホームを踏んだ高倉大翔選手(左)とタッチを交わす足羽の記録員の谷口晋介さん(右手前)=福井市の福井フェニックススタジアムで、大森治幸撮影

 熱戦が続く夏の高校野球福井大会。17日の1回戦で福井高専に3-6で敗れた足羽にも、唯一メンバー入りできなかった3年生がいる。谷口晋介さん(17)だ。大会ではバットをペンに持ち替え、記録員としてベンチに入った。谷口さんは「粘りのプレーをスコアブックに刻めた。みんなと野球を続けてきたことは何よりの財産だ」と晴れやかな表情で球場を後にした。

 小学6年間はテニスに打ち込んだが、友人に誘われ中学で軟式野球部に入った。最初は戸惑ったが、バットでボールを捉える感触にのめり込み、練習に打ち込んだ。

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相の被爆地あいさつ「文面が酷似」と怒りの声 官邸HP掲載の全文と同じ構成・表現

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 悼む 拉致被害者・横田めぐみさんの父 横田滋さん=6月5日死去・87歳

  4. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  5. デジタルVS 肺炎診断、アリババAI 日本でも先行 無料提供、「国産」出遅れ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです