メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第99回全国高校野球

栃木大会 文星芸大付、5年ぶり4強 作新、夏の連勝40に /栃木

【石橋-青藍泰斗】五回裏青藍泰斗2死一、三塁、大塚の適時打で一塁走者大賀が生還し、5点目(捕手・渡辺彬)

 第99回全国高校野球選手権栃木大会(県高野連など主催)は19日、宇都宮市の県総合運動公園野球場と宇都宮清原球場で準々決勝4試合があり、ベスト4が決まった。ノーシードの文星芸大付は、春季県大会優勝の白鴎大足利を破り、5年ぶりに4強入りを果たした。7連覇を狙う作新学院は矢板中央に七回コールド勝ちし、9年連続のベスト4進出。夏の栃木大会の連勝を40に伸ばした。2年連続準優勝の国学院栃木は真岡に快勝し、青藍泰斗は石橋に大勝した。

 準決勝2試合は22日、宇都宮清原球場で行われる。【李舜】

この記事は有料記事です。

残り1232文字(全文1474文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです