メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第99回全国高校野球

福井大会 坂井が武生に快勝 福井高専敗れる 敦賀も4強 /福井

【敦賀-福井高専】六回表敦賀2死二塁、神田大志捕手の適時打で生還し、チームメートをタッチを交わす深山航投手=福井市の福井フェニックススタジアムで、大森治幸撮影

 第99回全国高校野球選手権福井大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の準々決勝2試合が24日、福井市の福井フェニックススタジアムであった。第1試合はシード校の坂井が武生を投打で圧倒し、10-1でコールド勝ちした。第2試合は敦賀が、夏の大会で初の8強入りを果たして勢いに乗る福井高専を5-1で降した。これで福井商、武生商と合わせて4強が出そろった。【大森治幸】

 ○…武生の中西亮介主将(3年)は七回、代打で先頭の打席に立った。控えに回ったため今大会、最初で最後の打席だ。遊ゴロに終わったが「充実した一打席だった」と涙をぬぐった。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです