メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第99回全国高校野球

島根大会 4強の今大会総括 /島根

 第99回全国高校野球選手権島根大会(県高野連など主催)は27日の決勝で、ノーシードから勝ち上がった開星が、3年ぶり10回目の甲子園出場を決めた。益田東、大社、浜田を含めた4強の今大会を振り返る。

開星 6試合45点、強打光る/大社 1年生投手、頭角/益田東 下位打線が活躍/浜田 3試合逆転勝ち

 開星は今大会6試合で69安打45得点。チーム打率は3割3分2厘で、切れ目ない打線が武器だ。全試合で先発した中村優真投手…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです