メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第99回全国高校野球

大阪大会 決勝 大阪桐蔭、春夏連覇へ挑戦 粘る大冠振り切り /大阪

【大冠-大阪桐蔭】甲子園出場を決め、スタンドの応援団に駆け寄る大阪桐蔭の選手たち=大阪市此花区の大阪シティ信金スタジアムで、山崎一輝撮影

 第99回全国高校野球選手権大阪大会(府高野連、朝日新聞社主催)は30日、大阪市此花区の大阪シティ信金スタジアムで決勝があった。大阪桐蔭が10-8で大冠を降し、3年ぶり9回目の優勝を決めた。今春のセンバツで優勝した大阪桐蔭は、2012年の甲子園で春夏連覇を達成。8月7日に開幕する夏の甲子園で史上初となる2回目の春夏連覇を目指す。一方、大冠は初めての大阪大会決勝進出。春の覇者を苦しめたが、一歩及ばなかった。【米山淳、加藤佑輔】

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  2. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  3. 県産キャビア、モナコ公室御用達に 20グラム2万円 ウオッカも販売 /宮崎

  4. 関電金品受領問題 後任社長人事にも影響 調査次第で「候補者全滅」も

  5. 板橋区議に「なめてると海に沈められるよ」 恐喝未遂容疑で32歳女を逮捕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです